オージープランツの鉢植えに真夏の10日間水やりをしなくても枯らさなかった方法

平均最高気温37度の真夏に、オージープランツの鉢植えを自宅に残して10日間外出することになりました

昨年は外出中の天気が曇や雨っぽかったのでそのまま放置していったところ、ユーカリがカラッカラに枯れて死んでしまいました…涙

あわれ…

こんな惨事はもう二度と起こしてはならない

ということで、今年は少し工夫をしました。その結果、ひとつも枯れることなく10日間を乗り切ることができました!

やったことは

  • 保水剤を土に混ぜる
  • 給水ホースを設置する
  • 日陰に置く

以上!

①保水剤を土に混ぜる

保水剤は「水のお留守番」を買いました。

箸で鉢の土に穴を開け、その中へこの「水のお留守番」をサラサラ~っと投入しました

これで水が蒸発しにくくなります

②給水ホースを設置

「水やり楽だぞう」という製品を使いました

布のようなホースの片方の先端を水を張ったバケツにたらし、もう片方を5センチぐらい鉢の土に挿します

鉢の中でゼリーのように見えるものが保水剤です

これで土が水を吸うらしいです

バケツを植物と同じ高さに置いても給水するので設置が楽でした。

しかも他の類似製品と比べて価格も安い。「水やり楽だぞう」おすすめです!

③日陰に置く

あまり日の当たらない場所に鉢を移動しました

さて、この3つをやったことで10日後に戻ってくると…

なんとか生きてた〜!!!

乾燥に弱いというオージープランツを真夏の10日間なんとか生かすことができました!

かわいい我が子たちが無事で本当に良かったです!!!

保水剤と給水ホースはオススメです◎