突然カレーを食べたくなくなった

スパイスカレーを1年以上毎日のように作り続けた結果、

一ヶ月ほど前からカレーを食べたくなくなりました。

あんなに好きだったのに

カレーのことを考えると胃腸のあたりがズーンと重くなるような感覚で、食欲がなくなります

スパイスカレーを食べすぎて、身体がもうスパイスは要らんと言っているのでしょうか笑

しかし「突然カレーが食べたくなる理由」は検索するといっぱい出てくるのですが、「突然カレーが食べたくなくなる理由」は出てきませんね

急にカレーを食べたくなる場合は「体調不良が原因かも?」などと書かれているので、急にカレーを食べたくなくなった私は健康体になったということ?!…まあ飽きただけか。笑

でも確かにこの一ヶ月は風邪を引いていません。娘が鼻風邪を引いているというのに!カレーとの因果関係は不明ですが快挙です

暑くなって夏バテしてきたらまたスパイスカレーが食べたくなるんでしょうか。

食べたくなったら報告します

毎朝ヨガの倒立のポーズ「シルシアーサナ」で調子が良い

毎朝シルシアーサナをするようになって1ヶ月。

朝起きたときの体のだるさ、

起床後立ち上がったときの動機息切れ、

午前中は頭の回転が遅い…

そんな不快な朝の症状が多少改善された気がします。

それから頭に血が巡るようになったからか、頭皮も柔らかくなった気がするんですよね

思えば、シルシアーサナはポーズの中の王様と言われるほど効能が多いポーズだそうです

起立性調節障害の改善だけでなく、副次的に様々な効果がありそうです

今は30秒ぐらいですが、キープ時間を延長しながら継続していきたいと思います!

目標その一 身軽な身体

太って困ったこと。いびきが多くなって睡眠の質が落ちた、スーツが全部着れなくなった、鏡に映る自分の姿をみてテンションが落ちること、倒立後の頭頂へのダメージが大きいこと。

バリ島でヨガ合宿した時がやっぱり自分最高の身体だったと思います。

人生の目標その一、身軽な身体を維持し続ける、環境やメンタルの構築。

野草の花摘み

幸せは油断すると相対的なものと思いがちです。もっと大きいもの、もっと高いもの、もっと美味しいもの、もっと〇〇なものが手に入ればもっと幸せになれるんじゃないかと。

それらで得られるのは一時的な幸福感。すぐに以前の幸福感に戻り、「足りない、もっと必要だ!」と思ってしまうのです

無意識のうちにハマっているもっとループから抜け出さねば。日常の中にある小さい幸せを意識的に見つけることにします

娘と公園に行くついでに野草の花を摘むことにしました

庭のカモミールと野草たち

ふと、子どもの頃母が同じことをしていたのを思い出しました

大量発生する野生のケシ。1日で花びらが散ってしまいます

狂ったもん勝ち

ここ数日、胃腸炎にやられてました。なんか調子悪いなあと思いつつ、バスに乗ったら猛烈な吐き気、、、。たまらずすぐにバスを降りて、街中の隅っこで座り込んでしまいました。

北アルプス 槍ヶ岳 昔の同僚と

体調悪いと、馴染みの街もなんだか異世界にいるようで、不思議な感覚になります。

人間、いつ死ぬかわかりません。ケチャヨさんとも話してましたが、狂ったほうがいっそ楽に生きられるかもしれませんねえ。