カレー皿を求めて…栃木県笠間市への旅

スパイスカレーを日常的に作り続けて1年5ヶ月。

さらなる高みを目指すため、スパイスカレー用の皿を探しに、陶芸で有名な栃木県笠間市へ行ってきました

笠間稲荷神社
古き街並み
カフェKURAさんのランチ

古い参道の雰囲気を楽しみつつ、お腹を満たしたあとは街に点在するギャラリーへ向かいます

回廊ギャラリーさん
侘び寂びを感じる店内
よき

その後、笠間芸術の森公園の陶芸販売コーナーも巡り(写真撮り忘れました)

自然とアートが融合する大好きな公園

ギャラリー舞台さんで気に入った器に出会いました!

こちらのお皿です

私のスパイスカレーは水っぽくないので汎用性の高いプレート皿にすることにしました。

色は黒に近いグレー。黒系ならどんなカレーの色も引き立ちそうです

そしてこのちょっと粗っぽい表面の質感。和にも洋にもオススメとのことですが、むしろ「印」!スパイスカレーのイメージにピッタリです

谷島潤さんの作品とのこと

見た目だけでなく、手に馴染む形、そして軽い!持った瞬間これだ!と思いました。

いい買い物をしました。食器は実際に見て触れて買うのがいいですね

電気圧力鍋クッキングプロで飴色玉ねぎを作りました。これでスパイスカレー作りに革命がおきます

相変わらずスパイスカレーばかり作っています

がしかし、

玉ねぎを焦げ茶色になるまで炒める工程がしんどい!!!!!!

30分ぐらい焦がさないよう炒め続けないといけません。(でも大体焦げる)

しんどい。でもやったほうが美味しいんです

楽して在宅で好きな時間にできるノルマ無しの高収入なお仕事です♪ってぐらい都合よく玉ねぎを炒める方法はないのか!おぉ神よ…

ということで、ちょっと考えまして

電気圧力鍋「クッキングプロ」で玉ねぎを飴色にして作り置きすることにしました。

玉ねぎ3個を粗くみじん切りにして

クッキングプロへ投入。

ぽい

油を適量かけて

「魚・野菜」モードを45分にセット。

スタート!

できたらこんな感じ

あめいろファンタジ〜

焦げる心配がないし、かき混ぜ続けなくていいし、これは楽!

スパイスカレー生活に革命がおきました

美味しさレベチ。めちゃくちゃうまいカレーができました

これまでは玉ねぎを炒める段階でどこかしらが焦げて、それが若干の苦味を生んでいたようです。焦げないとこんなにスッキリ美味しいとは。学びました

はげちゃも電気圧力鍋を買ったらしいですね。飴色玉ねぎでスパイスカレー生活始めよう!

夫が「食べ物=カレー」のフェーズに入りました

昼ごはんに焼きそばを作ったところ

そうだ!」と夫が何やらひらめいた様子で席を立ち

台所から戻ってきました。

手には黄色いカレースパイス。

これ、カレーのスパイスをかければもっと美味しくなる!

と言って彼は焼きそばにカレーのスパイスをかけ

うまい、これこれ、などと言って食べていました。

そして本日の晩ごはんはフードコートで外食。

イタリアン・中華・ハンバーガー・韓国料理…様々な心躍る選択肢から私は普段家では食べられない小籠包セットにしたところ

夫は…カレーライス!!

そうか…彼は無限カレーループに入ったのか…!

先日のサバカレー

振り返ると今週も毎晩カレー。

この一年は連日インドカレーばかり。

ついに彼は「食べ物=カレー」というフェーズに入り始めたのかもしれません

結局スパイスカレーは胃もたれにいいのか悪いのか

ここ数日胃がもたれています

そして今晩はスパイスカレーが食べたい

調べると、カレーは「胃に悪い」勢と「胃に良い」勢で世の中は二分されているようです。笑

読むとどっちの意見も納得します。どっちが正しいのかまじでわからない

胃腸炎になったときも思いましたが、結局スパイスカレーは胃腸に良いのか悪いのか?!…わからない。

まあこういうときは何も考えず食べたいものを食べるべきです

必要なものは身体が一番良くわかってる!

ということで今日はサバカレーです

冷凍パクチーは香りが消える。やはりパクチーは生がベスト!

大好きなパクチーを長期間フレッシュな状態で食べたい!

ということで、洗って乾かして刻んだパクチーを冷凍してみました

本日カレーにかけてみたところ

香りが10%ぐらいに減少していました

全然香らない…これなら鮮度が落ちた生パクチーの方が美味しい

パクチーは生が一番です

見た目も海苔みたいです