グレビレアエンドリチェリアナが復活の兆し

予想は正しかったようです!

一晩バケツに漬けておいたグレビレアエンドリチェリアナのビフォーアフターです↓

Before(葉先が下を向いて元気ない)
After(葉先がまっすぐに!)

葉っぱにハリが戻ってきました!少し元気を取り戻した感じです!

となると、やはり仮説が当たっているようで

元々の苗が植わっていたのが硬い土

この頃は元気でした…

植え替え時に周囲に詰めたのが柔らかい土

水をあげると、外側の柔らかい土だけ通ってそのまま水が出てくる

ルーツポーチの透水性が高いため側面から水が滲み出て、水が留まらずすぐ乾燥→根が水を吸えず枯れる

ということなのかな

うーむ。水分保持のためプラ鉢に変えるか、土を全部固くするか、根周りの硬い土をほろって柔らかい土にしちゃうか…

土を柔らかくしてみようかな!

ベランダ緑化計画③植木鉢はやっぱりルーツポーチにしました

植木鉢をどうするか考えました

ドーン!と大きいコンクリート系のカッコイイ鉢を買っちゃおうかと思いましたが

数年ごとに植え替えが必要となると、高い鉢を買うのはもったいないし、重い鉢は植え替えが大変そう

動くのが大好きな娘もいるので、硬い鉢が沢山あると危険じゃないか気になります

スペースも懸念。植え替えで鉢がどんどん増えて狭いベランダが圧迫されそう

ということで、やっぱりオシャレさと実用のバランスが良いルーツポーチにしました

早速グレビレアエンドリチェリアナを植え替えます

買ってきたままの状態
ルーツポーチへ入れ替えました

おや!一気にオシャレに見えてくる!

この勢いでリューカデンドロンもルーツポーチへ入れます

リューカデンドロンは湿っぽい方がいいということなので、プラスチックプランターのままルーツポーチを被せました

やだステキ!

やっぱりいいですねぇ〜ルーツポーチ!

グレビレアエンドリチェリアナとリューカデンドロンが一気に映えました

理想のベランダに一歩近づいた気がします

次は何の苗を買おうかな

ひと夏越えてわかった、フェルトプランターでも根腐れするということを。

久々に気持ちのいい秋晴れの朝です

ワイルドストロベリーは実がつき始めました

フェルトプランターのコケ?カビ?は勢いを増しています

気づいたことがあります

水はけがいいからと安心しきっていましたが

この夏、フェルトプランターの植物達が根腐れしていたということです!

まず、一般的に強いと言われるシソがこの状態です↓

最後の力を振り絞って花を咲かせています涙

なんか元気がない、なぜなのだろうと思っていましたが、根腐れが原因だったようです

バジルも全然葉が出てこない…と思っていたら

根本が黒い!!

こちらも根本が黒いのできっと根腐れをおこしています

フェルトプランターは水はけがいいし、布だから空気の通りもいいだろうし、フェンスに引っ掛けていて接地面もなかったので、

根腐れなんか無縁だろうと完全に過信していました。

振り返ると、2ヶ月続いた梅雨がきっかけで根腐れしたんだと思います…

皆さまもお気をつけください。フェルトプランターでも普通に根腐れはします!

フェルトプランターにカビ?コケ?が生えてきています

カビなのかコケなのか。そもそもカビとコケって何が違うのか。

いよいよそんなとこまで考えさせられる外観になってきました

特にベージュがひどい見た目

以前のように「ハーブが美味しそう」とも「ラティスに引っ掛けたらおしゃれ」ともとても言えない見た目です笑

(水やりの度にラティスが濡れないように、最近の置き場はフェンスです)

梅雨が明けたらきれいになるんじゃないかなんて希望を抱いていましたが、カビ・コケが確実に増してます

フェルトプランターを買うなら、絶対暗い色、これお約束!!

改めてここに宣言します

ローズマリーを植え替えたら黄色い葉っぱが減りました

次から次へと黄色い葉っぱが出て、元気がなかったローズマリーですが

植え替え前

一回り大きい鉢に植え替えたところ、最近黄色い葉っぱが少なくなりました

いい感じです

鉢が小さかったのが原因のようです

来週からついに天気予報に晴れマークが見えました!!

待ってるよ、太陽!!